新型うつ病を発症しないためにできること|ストレスに負けない生き方

相談

うつ病の3つの妄想

女性

うつ病の人は、微小妄想や貧困妄想、心気妄想といった3種類の妄想をしてしまいます。うつ病の三大妄想といわれ、思考障害の一種だといわれています。また、意欲と行動の障害などの症状も見られます。

詳しくはコチラ

その原因はストレス

女性

うつ病を発症する最大の原因は主にストレスです。現代人はストレスを抱えやすいため、うつ病の発症者が多くいるのです。そのため、うつ病を発症しないためにもストレスを抱えないように注意しましょう。

詳しくはコチラ

うつ病にも新型登場

女性

ストレスを多く感じてしまいやすい現代社会ですが、現代病とも呼ばれているものがうつ病です。うつ病はとても身近な精神疾患と言え、誰にでも起こりうる可能性があるとも言われています。うつ病を発症してしまうと被害妄想や微小妄想などに囚われ、自分を悲観してネガティブに陥ってしまいます。また、仕事やプライベートに関係なく意欲が低下し、外出することさえ億劫に感じてしまうようになります。うつ病の原因となるストレスは翌日へ持ち越さないことが大切であり、何かしらの発散方法を見つけることがとても大切です。一度うつ病を発症してしまうと、治療にはある程度の時間を必要としてしまうため、社会復帰をする際にまた大きなストレスを抱えてしまうことになるのです。最近ではうつ病の治療薬の効果は向上しており、医師の指導のもと安全に使用できるようになっています。うつ病と自分を判断するのはとても勇気がいることですが、この先の未来を明るく楽しく生きるためにも心療内科や精神科を受診してみましょう。

最近、うつ病には新型が登場しています。新型うつ病の特徴は、他人の言葉や行動に過敏になってしまうことにプラスして、攻撃的な面を見せます。寝過ぎてしまったり、異様に食欲が湧いたりなども症状としてあり、疲労感が抜けることがないのです。通常のうつ病の症状に加え、新型うつ病は他人の言動に激しく傷ついてしまうため、慎重に接する必要があります。拒絶過敏症というこの症状を持ち合わせた新型うつ病は、社会に適応することができなくなると自傷行為やギャンブル、セックスなどに依存して自分の心の安定を図ろうとしてしまうのです。マイナスナ感情に常に晒されていることも起因し、怒りやすくなり、暴力を振るうこともあります。新型うつ病の治療はとても難しいですが、長く継続して治療を続けていくことで改善することができます。カウンセリングや薬物療法だけでなく、生活習慣から見直していくことが治療の効果を上げるために重要なことです。

恐ろしい現代病

薬

現代病とも言われているうつ病は、だれがなってもおかしくないといえます。最近ではうつ病のお薬は安全性が高くなっており、高い効き目を発揮するためうつ病がすぐに改善されます。

詳しくはコチラ

イチオシリンク集